2006年11月30日

バンクーバーでは雪が降り、日本では井川遥が結婚した

ケイタ邸はとてもおもしろい。
ケイタ邸といってもケイタはホームステイなので私はホームステイ宅に勝手に転がり込んでいるわけである。
ご飯も一緒に食べている。
“意外と無茶苦茶するね”と友人に言われて確かにそうだなと思った。

先週はホームステイ宅のベースメント一帯がダメ人間の巣窟のような状態だった。
この家にはケイタ以外にマサ君、イバン、クリス、ユンジュと5人がベースメントに住んでいて、学校に行っていないケイタ、マサ君、イバン、私の4人は完全に昼と夜が逆転した生活を送っていた。
ケイタは大体本を読んでいて、マサくんは大体寝ていて、イバンはパソコンにむかい一心不乱に“Killing Time Killing People”と言いながら戦争ゲームを楽しんでいる。
昼過ぎに起きて“辛ラーメン”をすすり、まだ腹減ってないぞといいながら夕食に向かい、深夜1:00頃体力のあり余った我々は雪の降っている外を窓越しに眺めながらキャッチボールやサッカーなどを室内で自由に楽しんだりしていた。
こういう時間の過ごし方は嫌いではない。
みんなが自分の好きなことをしている。
何にも強制されていない。

 ウィスラーで働いているときに私は“自分のやりたくないことをすると人間の顔は歪む”ということを知った。
お金のために退屈だと言いながら働いている人の顔は仕事中ずっと歪んでいた。
そういう顔は見たくないと思った。
私の顔はどうだろうか、もしかしたら今私の顔は歪んでいるかもしれない、と思い始めてウィスラーを去った。


 バンクーバーに来てからまた多くの人たちと知り合った。
知らない人と一から関係を築いていくことはエネルギーのいることで、他人を受け入れる余裕も必要だし、何よりもモチベーションが必要だ。
モチベーションというのは外部に対する興味で、これがなくなったらつまらない人間になってしまう。

 カナダに来る前に、ネットワークマーケティングで生計を立てているという女性に会ったことがある。
ネットワークマーケティングというのは、人を勧誘して自分の下につけていけば収入がどんどん上がっていくビジネスシステムだが、決してねずみ講というわけではない、という仕事のことで、彼女はもう少しで働かなくてもそれだけで食べていけるところまできていた。
私は参加するつもりはなかったが興味があったので、やろうかどうしようか迷っているというふりをして彼女の下について話を聞いたり、たくさんの人を紹介してもらったりしていた。
“たくさんの人と出会ってきた人かどうかというのはその人と少し話をすればすぐわかる。人と接する仕事をしてるのかそうじゃないかもすぐわかる。出会いも少なくて毎日人と接していない人は死んだような人が多くて、私の仕事は人と一緒にお金持ちになっていく仕事だけど、そういう人たちとは仕事したくないから勧誘もしないわ。”
というようなことを言っていたのを覚えている。

 つまらない人間というのは自分の外の世界に興味をもたない人たちのことで、他者との出会いのない人たちを意味する。
新しい出会いが人を変え、人を魅力的にするというのは本当のことなのだ。


 話は戻って、ケイタ邸の滞在も今日が最後になる。
明日からはダウンタウンに住む。
私が入る部屋に現在住んでいるのはケンイチさんという人で、12月1日の便で日本に帰るらしい。
“鍵の受け渡しをどうしようか?”という話になって、“じゃあ面倒なんで前日入りしましょうか僕”ということになって1晩だけ同棲することになった。
前回お金を払いに行ったときは、“まあ外寒いんで上がってきますか?”と言われて、“はい”と言って2〜3時間話し込んでコーヒーを3杯くらいご馳走になった。

 またいろんな話を聞いてしまった。
ケンイチさんは27歳で、オーストラリアでワーホリをしたあとカナダに来た。
“オーストラリアとカナダと留学生のタイプは違いますか?”と聞くと、“オーストラリアのほうがみんな元気だね。アツい奴が結構いた。カナダよりオレはオーストラリアのほうが好きだなぁ。”と言っていた。
カナダですごい人とかおもしろい人ってあんまり会ったことがない、みたいなことを先日別の友人もこぼしていた。
本当にそうなのかどうなのかは私にはまだわからない。

 オーストラリアの写真をたくさんケンイチさんに見せてもらって、男同士なのでしっかり“この子かわいい。この子いまいち”みたいな話で盛り上がって、“この子かわいいでしょ”と見せられた写真には本当に美人が写っていて、“日本人じゃないですよね”と言うと、“タイワニーズ”と言われて、“やっぱりタイワニーズですよね”、“タイワニーズだねぇ”と意見が一致し、“台湾寄ってから日本帰ろうかな”と言われて、“僕もそうするつもりです”と言い、次回は“なぜタイワニーズはかわいいのか”で一晩語り合おう、などとバカな話をした。
たとえそれが写真であっても美女には男と男を仲良くさせる力もあるのだと知った。
もちろん美女は男と男を引き裂く力も同時に備えていることは言うまでもない。

 美女は男に影響を与える。

 井川遥の結婚報道は私に多大な影響を与えている。



ж  誰か引越し手伝ってください。。。
 







posted by da-i at 16:49| Comment(8) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
あ、どうもどうも。
引越てつ大てぇぇぇぇ!!!
しかし、ボクはカナダですげーヤツらに逢ったけどね(にやり)。
これからも末永くよろしくですm(._.)m
p.s.昨日、奈良で逆刃刀、無限刃、小太刀二刀流を発見。
逆刃刀が「真打」かどうかは残念ながら未確認でした。
小太刀二刀流って技の名前やんっていうつっこみはしっかりしておきました。
Posted by もも at 2006年11月30日 19:31
最近のアタシ。歪んでるなぁって思ってた。
休暇とってふと自分の周りみたら人がいなくって出会いもなくて。
この仕事して学んだこともあるけど、思ったより成長していないような気もする・・・

焦ってますよ!とっても焦ってる!
これからアタシどうすんだ?!って。

あぁ冴えない女になってるよー。
Posted by かおりんこ at 2006年11月30日 21:20
一つ屋根の下の生活楽しかった。

平常心で新しい事に挑戦してゆく姿がかっこいいと思いました。

質問したいことも話したい事もたくさんあったけど、どこまであなたに踏み込んでいいのか分からず突っ込んで話を聞くこともありませんでした。

長い付き合いのなかで、追々ダイを知っていきたいと思っています。

また、そうする事でAB型思考回路の俺を分かってもらえると思います。
Posted by けいた at 2006年12月01日 06:25
 ももちゃん

 どもども。
 すごい人たちいっぱい隠れてるから頑張って探さないとね。
 
 で、逆刃刀って何?無限刃って何?小太刀二刀流って何?真打って何?
 読み方さえもわからない。。。
 
 
 
 
Posted by da-i at 2006年12月01日 13:54
 かおりんこさん

 この前Skype楽しかったね。
 とりあえずかおりんこは今は無理をしないようにして下さい。
 焦ってもしょうがないし、無理なんかしてもしょうがないと思うよ。
 危機感を持ち続けながら淡々と前に進む、みたいなのがいいのかなと最近自分自身わかり始めた。
 いつでも電話してください。
 
Posted by da-i at 2006年12月01日 14:02
 ケイタくん

 “平常心で新しい事に挑戦してゆく姿“ってすごくいい言葉だね。
 2週間ホントにお世話になりました。
 気遣いがすごくできる人なんだなと一緒に暮らしてわかった。
 カナダ留学同期組なのでお互い頑張りましょう。
 ダウンタウンで一泊したいときはいつでも連絡してください。
 
Posted by da-i at 2006年12月01日 14:10
君たち本当に面白いね★二週間一緒に暮らして腹の探りあいとかしていたの(笑)
って言うか、もう長い付き合いなのにね。こんなメールを見るとVanがとっても恋しくなる。。。
ダウンタウンに引越したんだぁ。お泊りできるね♪
Posted by yu at 2006年12月05日 08:33
 Yuさん

 この前は電話ありがとう。
やっぱYuはモテるよね。
“Asian Beauty”ですよ。

 そろそろフェアモントも退屈で限界でしょう。
 休みが取れたらバンクーバー遊びに来なよ。
 布団用意して待ってます。
 
 
Posted by da-i at 2006年12月05日 18:11
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。