2007年01月28日

海は広いな大きいな♪

 

 最近は毎日自炊をするようになった。
 自炊といっても野菜を肉と一緒に炒めたりする程度。
 
 なぜそうなったかというと、26歳になって健康管理に気を付け始めたから、というのはまるっきり嘘で、ただラーメンやパスタや食パンに飽きたためだった。

 料理を始めたせいでますます時間がなくなった。
 朝起きて学校に行って夜帰ってきてご飯を食べて宿題をやって寝て、朝起きてまた学校へ行って、というような単調な暮らしをしている。
 こういう毎日もいいな、とは決して思わないけど、退屈はしないように心がけている。


 学校が来週で終わる。
 あっという間だった。
 たくさんのことを学んだ。
 でもまだインターンシップは決まっていない。
 
 良い報告ができるよう頑張ります。


 この前ウィスラーのフォーシーズンズホテルで働いていたときのマネージャーから電話がかかってきた。
 バンクーバーに行くから一緒にメシを食べに行こう、という話で先週一緒に遊んだ。
 バンクーバーのフォーシーズンズホテルの彼の滞在する部屋に遊びに行っていろんな話を聞いてきた。

 彼は日本のリゾート地で1〜2年程度働いていたことがあるので日本語が少しわかる。
 ひらがなとカタカナで自分の名前が書けるのを自慢していた。
 
 新たにその日知ったことは日本語の歌が歌えることだった。
 スマップや宇多田ひかるや安室やglobeを歌ってくれて私は驚いた。
 サビだけじゃなくてAメロからしっかり歌ってさらに何がすごいのかというと歌詞の意味も完全に理解していたことだった。
 コンビニ屋で買ってきてプレゼントした“最中”をかじりながら彼は上機嫌で歌い続けた。

 その後一緒に韓国料理を食べに行って、宗教上豚肉が食べれないという彼の目の前で謝りながら大量のポッサムを私は食べた。
 私はポッサムが豚肉だったことを完全に忘れていたのだった。
 これがもしビジネスミーティングだったら私は完全に取引停止だなと思った。
 
 “明日学校だからそろそろ帰ります”と言うと、“次はオレの部屋で飲もう”とタクシーに乗せられまたフォーシーズンの彼の部屋に戻った。

 “明日朝早いんですけど。。。”と言うと“ここで寝てそのまま行けばいい”と監禁されながらしばらくすると彼は寝てしまい、私は置手紙を書いて家に帰った。
 
 すでに午前3時をまわっていた。

 帰り道ではホテルから出てきた私を見ていたホームレスにしつこく10セントくれと付きまとわれ、私が鼻歌を歌って完全に無視するとFuckと何度も叫んで去っていった。

 私が鼻歌をしていた歌はマネージャーが部屋で歌っていた日本の歌だった。

 “海にお船を浮かばせて、行ってみたいなよその国”

 暗いマイナー調なのに歌詞は希望に満ち溢れている、という歌は日本人の努力や一生懸命を象徴していると思った。


 話は変わって、昨日から我が家にはAlexというウィスラー時代の同僚が泊まっている。
 バンクーバーで学校に通い始めた彼はアパートを探しているがなかなか見つからないらしい。
 私の今のルームメイトが来月部屋を出るのでそこはどうだと聞くと、テイクオーバーが高いからイヤだと断られた。
 彼が次の部屋を見つけるまでどれだけうちに滞在するのかわからないが助けてやろうと思う。
 助ける理由もないが助けない理由もない。


# 先日カナダに来て以来というか私の人生を通して今までにない衝撃的な体験をした。
 とてもここでは書けない内容。
 完全に下ネタですが個人的に聞きたい人だけ教えます。
 まあくだらないといえばくだらない内容だけど。



posted by da-i at 19:19| Comment(9) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
もう学校終わるんだ!
なんだかあっという間だったね。

きのう宿で一緒だった、しゅーへーと東京で再会しました。
2月にはまたカルガリーに戻るみたいだけど。
あたしも含め、すっかり日本に染まった感じ。
カナダって何だったんだろう・・・って最近思ったりします。

人生を通じて今までにない衝撃的な体験って何ですか?!
カナダにそんな衝撃的なことってあるのかな。
とても気になります。
Posted by かおりんこ at 2007年01月28日 23:38
その衝撃的な出来事、気になります。
Posted by よし at 2007年01月29日 07:44
パスタに飽きたらメキシコ料理が簡単でいいよ、サルサとかタコスとか、安く買えるしね。
Posted by taka at 2007年01月29日 10:03
 かおりんこさん

 日本に帰るとカナダでの生活って非日常的なものに感じるようになるのかなあ。
 しゅうへい君カルガリーか。これからカルガリー行く日本人はどんどん増えそうだよ。

 衝撃的な体験は学校での出来事なんだけど。。。やっぱりここでは言えない。女性のことはやっぱりよくわからんよ、という感じ。


 よしくん

 よしくんから書き込みがいただけるとは思わなかった。
 学校であるクラスメイトに衝撃的な。。。やっぱり言えない。
 そういうのってホントにあるんだ、って感じ。その瞬間彼女を尊敬のまなざしで見てしまった。
Posted by da-i at 2007年01月29日 10:14
 Takaさん

 メキシコ料理ってあんまり個人的に口に合わないんだよね。嫌いじゃないけど好んで食べたいとは思わない。
 昔メキシカンの友達に作ってもらったトロピカルジュースはおいしかった。
 中華とか韓国料理で安く作れるやつないですかね?
Posted by da-i at 2007年01月29日 10:23
元気?衝撃的な出来事。ちょー気になる。来月の6日にVanに行くのでその時にその話しようね。って言うか、今アレックスが居るんだぁ。ユウが泊まるスペースはなさそう・・・アレックス早く家見つけてよ!なんて言えないね。メキシコ料理食べたい。
Posted by yu at 2007年01月29日 13:47
 Yuさん

 6日ね。OK。この前の出来事は絶対Yuさん飛びつく話だと思うよ。完全なエロトークですけど。
 メキシコ料理の代わりにロシア料理が出てくるような事態は避けようと思います。何としても。
 

 
Posted by da-i at 2007年01月29日 15:00
人生初九州に行ってました。
最高!
個人的に聞きたい。ですΨ(`∀´)Ψケケケ
Posted by もも at 2007年01月30日 00:19
 ももちゃん

 九州の女の人は古風な人が多いって聞いてます。

 あんまり話を引っ張るのもあれなんで少しだけ話します。

 普段全くクラスメイトと絡んでない私に向かって、一人のクラスメイトが突然、“あなたはエロ本派?それともAV派?”と授業が終わった後聞いてきたわけです。
 当然、“は?”となるわけです。
 教室のドアを閉めて“おかずの話。どっち?”と彼女。
 “何を言ってるのあなた?”と私。
 仁王立ちで“本なの?インターネットなの?”と彼女。
 “あなたは多分疲れているから今日は早く帰ったほうが。。。”と私。
 “実は私探してるものがあって。。。”

 。。。あ、やっぱりこれプライバシーの侵害になるんで文章にして残すのはやめます。 内密にお願いしますって言われたし。
 続きが聞きたい方はメール下さい。できれば電話がいいかな。
Posted by da-i at 2007年01月30日 15:04
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/32296640

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。